Twitterでやりとりしていたディズニーフレンドとミートインしてきました

なかなかお休みが取れない仕事をしているのですが、やっと2日連続でお休みをもらえることになりました。
これで大好きなディズニーランドを1日満喫できる!と思ったのですが、平日だったため一緒に行ってくれる人がいません。

あきらめようかとも思ったのですが、思い切ってツイ友とミートインしてみることにしました。
ツイートで呼びかけたところ、同じプーさん好きのツイ友が「その日空いているよ」と言ってくれて。

初めましての人だったけど、一緒にディズニーランドに行くことにしました。

初めましてだけど意気投合!まずはプーさんのハニーハントへ直行

ツイ友とは入口のところで待ち合わせをしました。
事前にダイレクトメッセージで写真交換をしていたのですが、私は目印としてプーさんのぬいぐるみカチューシャをしました。

すると予定通りプーさんのバスタオルを頭からかぶったツイ友が走ってきてくれました。
初めましてなのに初めての感じがしないので不思議な感じでしたが、絶対今日は楽しくなると確信!

二人でうきうきしてディズニーランドの中に入りました。

ちょっと出遅れたのか、エントランスグリーティングに間に合わなかったです。
プーさんに会えるチャンスを逃してしまったので、気を取り直してプーさんのハニーハントへ直行しました。

プーさんには会えないとわかっているのですが、プーさんに囲まれていて幸せ!
アトラクションを楽しんだ後は、横のショップ「プーさんコーナー」でいろんなプーさんグッズを物色しました。

1時間半くらいショップにいたと思うのですが、普通の友達だとここまでお付き合いしてくれません。
やはりこれはプーさん好きのディズニーフレンズと一緒に行っているからできることだろうと思います。

クリスタルパレス・レストランで食事というサプライズ!

お昼が近くなって「どこで食べようかな?」と聞いてみました。
するとツイ友が「お昼を食べたいところがあるんだ」といって、どんどん先に行ってしまいます。

着いたところはクリスタルパレス・レストランの前で「ここでお昼食べよう!」と言われました。
「でもここ予約してないとダメだよね?」と言うと「実は予約しているんだ!」というサプライズ発表!

「えー!!」って驚きながらも「時間きてるから」と、どんどん連れていかれてました。

お料理もおいしかったけど、なにより大好きなプーさんに会えたことが一番!
抱きつくこともできたし、一緒に写真も撮ったし。

今までこんなに近くでプーさんに会ったことなんてなかったよー、と涙が出そうになりました。
こんなサプライズを用意しているなんて、ツイ友ずるいよ!

ビックサンダー・マウンテンで絶叫してお別れ!

それからトゥーン・タウンに行ったり、ホーンテッドマンションに行ったり、並んでいた間もいろんな話をしながらだったので、時間がたつのがあっという間でした。
夜のパレードまでの時間にお土産を見ていて、同じものを「かわいい!」となって、おそろいを買うことにしたのも楽しかったです。

ツイ友は期間限定のプーさんもいっぱい持っているという話だったので、今度ツイッターのダイレクトで写真を送ってもらう約束をしました。

夜のパレードも感動的でした。
何度も見ているはずですが、大好きなプーさんがこちらを見て手を振ってくれたときに「目があったよね!」と一緒に喜んでいました。

普通だったら「気のせいだよ」とか軽く流されるところなのですが、一緒に喜び合えるのがこんなにうれしいとは!
あまりにはしゃぎすぎて、ツイ友としばらく脱力してしまって「めっちゃ気合入りすぎ」って大笑いしてしまいました。

「最後にビックサンダー・マウンテン乗ろう!」となり、少し並んで乗ることができました。

普通は「キャー」って言うところなのに、ツイ友が「〇〇と遊んで楽しかったー!」って叫ぶので、私も「〇〇ありがとうー!」って叫んでました。
なんか今日初めて会ったとは思えないくらい仲良くなった気がします。

もちろんツイッターのやりとりで気が合うなー、と思っていたのですが、その直感は間違いなかったみたいです。

ツイ友とこんなに楽しめるならミートインもおすすめ!

ツイ友とはどうやってお別れしようか、ちょっと迷いました。
でもツイ友の提案で「また今度会おうね」という約束ではなくて、「今度行ける日があったら、またツイートしようね」という話をしました。

もしかしたらもうツイ友とは会えないかもしれないのに、全然そんな気はしませんでした。
また「今日行けるよ!」ってツイートすれば会えるよね、という気持ちのほうが強かったのです。

それに別れたすぐにお互い「今日楽しかった!」ってツイートしあって、まだ一緒にいるような感じでした。

今回は同じプーさん好きだからこそ分かり合えることも多かったので、とても楽しめたのだと思います。
今度は違うキャラ推しのディズニーフレンドと遊んでも楽しいかもしれないな、と思いました。

そのときは私がクリスタルパレス・レストランを予約して、相手を驚かせてみたい!という野望も芽生えています。
ツイ友とミートイン、なんだかはまってしまいそうです!